さくらがつおの「株式会社阿部亀商店」

ご案内


今話題のファストフィッシュ認定を頂きました!

被災地から底力をお届けします!!

sakurabonitoをフォローしましょう

teitterでお得な情報をゲットしよう♪

第20回ひかりピア塩竈花火大会の様子 さくらがつおについて

日本産原料と
日本産の加工技術。

三陸塩釜産のかつおを当社独自の加工技術で美味しさをそのままにやわらかく加工した新しい食材です。

軟化加工魚肉の製造方法
特許 第 3559820号
「魚は好きだけど手軽に食べられないし・・・」そんな声にお応えするために 加熱すると堅くなるかつおの身に熱を加えても堅くならない加工技術を開発しました。 お魚大好きな方はもちろん、お魚が苦手なお子さんや女性の方にもおいしく召し上がっていただけます。

かつおの美味しさは
そのままに。

さくらがつおは、ただやわらかいだけではありません。かつおの旨味や栄養素はそのままにやわらかい食感を実現しています。かつお独特のクセはありませんので色々な料理に合うんです!今回開発したカレーでも、「お肉みたい!」や「もっとパサパサしてるのかと思った!」等、大変ご好評の声をいただいています。 今後、さくらがつおを使った様々な商品をご案内していきますので、是非是非お試し下さい☆

地産地消
三陸塩釜産のかつお

さくらがつおのネーミングの由来は塩釜市のシンボルである、国の天然記念物「塩釜桜」にあります。また、三陸塩釜では年間を通し多くのかつおが安定して水揚げされます。この地元に水揚げされたかつおを使い、地元で加工した塩釜ならではの高い地域性と独自性がさくらがつおのバックボーンです。 みなさんが手に取る魚は、わざわざ外国から輸入、或いは国内でも遠方から陸上輸送で来ているものが非常に多いです。 「安さ」には代えがたい部分があるかもしれませんが、輸送距離が長いもの程、原油燃焼・CO2排出量等、環境に負担がかかるのは紛れもない事実です。 お魚を手に取る時は、是非原産地にも注目してみてください。 ちょっとしたecoから大きな流れへ。 さくらがつおはそういった地産地消のサイクルを目指しています!
代表取締役 阿部 仁
株式会社 阿部亀商店
代表取締役 阿部 仁
ごあいさつ

日本人にとってカツオは生活や文化にとって切り離せない魚ですね。
でも、最近カツオをいつ食べたか思い出せますか?
みそ汁とかそばつゆ等の出汁としては、多分、毎日使われていると思いますが、カツオを使った「おかず」のメニューとなると意外に少ないのではないでしょうか?
全国規模で開催される「食のコンベンション」でもカツオを使った商品は滅多に出品されません。

日本人は、やっぱりカツオでしょう。

私どもの様な一企業だけが考える事ではなくナショナルプロジェクトとして考えるべき事のように思えますが、それでも、後世に日本人とカツオのかかわりあいをどのように残せるかに、微力ながらチャレンジして参りたいと思っております。

会社概要

株式会社 阿部亀商店

代表者および役職名 代表取締役 阿部 仁
住所
本社
985-0001 宮城県塩釜市新浜町1−13−1
かつお・ラボ
985-0016 宮城県塩釜市港町1−4−1マリンゲート塩釜
電話
本社
022−364-3377
かつお・ラボ
022−363-3321
ファックス
本社
022−364-3369
かつお・ラボ
022−363-3320
メール info@abekame.com
地図 かつお・ラボ 本社
 
大きな地図で見る

大きな地図で見る
資本金 10,800千円
従業員 7名
主たる業種 水産物卸売業
設立日 昭和22年8月20日(創業明治16年)
所有特許
特許番号 第3559820号
発行日 平成16年6月4日
発明の名称 「軟化加工魚肉の製造方法」
>> さくらがつお製品に関してのお問い合わせは新事業推進室まで
自然な味覚の新素材。さくらがつおのやわらか加工 株式会社 阿部亀商店